青汁の特徴

ロゴ
トップページ
<青汁の原料となる物>
青汁と一口に言っても実は数多くの種類が存在していて、あまり知られていませんが含まれている栄養素もそれぞれ様々な種類が存在しています。大まかな栄養素であるビタミンや食物繊維、ミネラルといった栄養素はどの青汁でも多く含まれていますが、青汁の原料となる物が何で出来ているかによってその栄養素も若干ですが違ってきます。青汁の主な原料には大きく分けて3つあり、ケールや大葉若葉、明日葉などのどれが使われているかで分けることが出来ます。また、これ以外にも最近では数多くの青汁があり飲みやすさなどを考慮して作られているものもありヨモギや桑の葉などといったもので作られている青汁もあります。昔から長く飲まれているケールを主な原材料にしている青汁ですが、これが多くの方が苦いというイメージを持っている青汁の主な原材料になります。実は青汁の苦味というのはこのケールによるものが多いのですがこのケールというものは野菜の王様とも言われるくらい数多くの豊富な栄養素を持っている野菜です。日本ではあまり馴染みがなく聞いたことの無い方も多いと思われますが、ヨーロッパなどの海外では昔から人気のあるポピュラーな野菜で、一般家庭でも食べられる野菜の1つです。このケールに含まれる栄養素にはβカロテンや、ルテインといったものがあり、大量発生してしまうと体の内側を痛めてしまう活性酸素の働きを抑える効果や目の疲れを予防してくれたり紫外線などから目を守ってくれるといった特徴があります。次に大葉若葉を主な原材料に使った青汁ですが、これは比較的最近になってから作られた青汁でケールに比べると栄養素は劣らないのですがあまり苦味がなく美味しく飲めるといった特徴があります。また、この青汁の大きな特徴はSOD酵素と呼ばれる栄養素を多く含んでいることにあります。この酵素は様々な抗酸化物質の中でも特に強い効果が期待できる酵素で、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病の他にシミ、ソバカスといった美容面でも効果の期待できる栄養素です。最後に明日葉を主な原材料に使った青汁ですが、この青汁の特徴はフラボノイドの一種であるカルコンと呼ばれる成分や、SOD酵素などの成分が豊富に含まれているのが魅力的な青汁です。便秘の解消の他にもガンによく効くと言われていて、大腸癌の予防に適している青汁とも言われています。この他にもダイエットの効果なども期待できるのがこの明日葉を主原料にした青汁の特徴です。若干の苦味はありますがケールほどは強くないため比較的飲みやすいとされています。



Copyright(c) 青汁の特徴. All right reserved.